専業主婦でも借りられるカードローンはココ!内緒で即日融資キャッシングなび

専業主婦でも借りられるカードローンで一番おすすめはみずほMyWing

みずほMyWingは専業主婦借り入れOK!
みずほ銀行が提供する女性の為のカードローンサービスです。
収入証明書不要・夫の勤務先への在籍確認なしなので、夫に内緒で借りられます。
みずほ銀行のキャッシュカードで借り入れ可能になるので、カードローン利用がバレる心配もありません!
金利も14.0%と低めに設定されている為、専業主婦の方でも計画的な返済が可能なのがポイントです。

銀行カードローンなら収入のない専業主婦の方でも借りられます

総量規制という法律により、収入のない専業主婦は消費者金融では借りる事ができません。
しかし、銀行カードローンは総量規制対象外のため、専業主婦の方でも借入が可能です。

専業主婦におすすめな銀行カードローンの選び方

専業主婦OK

カードローンを選ぶポイントは次の3つです。
夫の勤務先への在籍確認なし
在籍確認でカードローン利用が夫にバレてしまうのでは?と不安な方も多いでしょう。
銀行カードローンの中には、夫の勤務先への在籍確認なしで借り入れできるところもあります。
そういった銀行を選べば、夫に内緒でカードローンを利用できます。
即日融資対応
銀行カードローンは遅いというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません!
即日融資に対応しているところも多く、申し込んだその日のうちに借入することが可能です。
金利が安く済む
お金を借りるにしても、できる限り金利で損をしたくないですよね。
その為には金利が低い銀行を選ぶべきです。中には、サービスやキャンペーンなどで無利息で借り入れできるところもあります。
そういったサービスも利用しながら、上手に返済ができる銀行で借りることが大切です。

↓上記の条件を満たすおすすめカードローンがこちら↓



専業主婦でも借りられるカードローンランキング

みずほMyWing 【専業主婦カードローンおすすめNO.1!】

みずほMyWingは、頑張る女性を応援するみずほ銀行の女性専用カードローンサービスです。
来店不要・WEB上で申し込みから契約まで完了します!
みずほ銀行口座をお持ちであれば、最短即日融資も可能です。
金利が安いのが特徴で、上限の14.0%は業界内でも最安クラス!
計画的な返済がしやすいところがポイントです。
実質年率 限度額 審査スピード
3.5%〜14.0% 100万円
(専業主婦の場合: 30万円程度)
最短即日

みずほMyWingの詳細はこちら


新生銀行カードローン レイク 【少額・短期間での返済ならここ!】

レイクといえば消費者金融のイメージが強いですが、今は新生銀行カードローンの商品となり、総量規制対象外のカードローンです。
レイクと言えば初めての借入対象のサービス、選べる2つの無利息が魅力的!
5万円までの借入分が180日間無利息、または30日間全額無利息の2つから選べます。
平日14時までのお申し込みで、即日融資が可能です。
実質年率 限度額 審査スピード
4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
※申し込み完了画面に表示

新生銀行カードローン レイクの詳細はこちら


auじぶん銀行カードローン 【auユーザーに人気!】

じぶん銀行カードローンはKDDIと三菱東京UFJの共同出資でできたネットバンクです。
実店舗はありませんが、全国の提携銀行ATM、コンビニATMがご利用できます。
じぶん銀行に口座が無くても最短即日融資が可能!借り換えにも対応しています。
さらに!auユーザーなら、通常より金利が安くなる優遇を受けることが可能です。
実質年率 限度額 審査スピード
2.4%〜17.5% 800万円
(専業主婦の場合: 30万円程度)
最短即日

auじぶん銀行カードローンの詳細はこちら

1. 専業主婦用カードローンの審査は厳しい?

専業主婦 悩む

カードローンの審査は誰に対しても同等に行われます。
専業主婦だからと言って厳しくなることはありません。
審査項目は、会社員やアルバイト・パートの方と一緒です。
ただ、注意する点としては、借り入れ希望額を高く設定しすぎた場合に審査落ちが考えられるという事です。
金融審査は、貸したお金を返せるかどうかを見極めるための審査です。
審査項目が厳しく設定されているのは、安心できる金融機関であれば当たり前のことだと思いましょう。

1-1. 専業主婦カードローンの審査基準

どのカードローンについても、審査の基準の詳細は明らかにされていません。
基本的に考えると、年齢や職業など、その会社の借入条件を満たしていれば問題はないでしょう。
自分の申し込み内容を客観的に見たときに、この人にお金が貸せるかを考えてみるといいかもしれません。
審査の申し込みは無料なので、不安であれば、まずは一度審査を受けてみると良いでしょう。

1-2. 審査に落ちる心配はある?

以下に該当する人は、審査に落ちる可能性が高いです。
  • すでに3社以上の借入がある
  • 過去にキャシング業者からの借入・クレジットカードの支払・携帯料金・公共料金などを滞納したことがある
  • 自己破産・債務整理(過払い請求・任意整理)を経験したことがある
上記に当てはまる場合は、まず自分の環境を整える必要があります。

また、申込み時の失敗で審査に通らないこともあるので、注意しましょう。
  • 申し込み内容で嘘の申告をしない
  • 誤字脱字、記入間違いに気を付ける
  • 限度額を高く設定しすぎない
  • 複数社に同時に申込みをしない
これらに気を付けて、申し込みをすれば、申し込み時のミスでの審査落ちは防げます。

1-3. 夫の勤務先への在籍確認はありません!

専業主婦の場合、配偶者に安定した収入があることが条件となる場合がありますが、基本的には夫の勤務先への在籍確認はありません。
その為、カードローンを利用したことが旦那様やその勤務先にばれる心配もありません。
業者の中には配偶者の職場への在籍確認をする場合があることを明記しているところもありますが、その時はカードローン在籍確認である事がバレないように配慮してもらえます。
それでも心配な場合は、クレジットカードの審査やクレジット機能付きキャッシュカードの審査と言った言い訳を使うとよいでしょう。

しかし、ほとんどの場合は夫の勤務先への在籍確認は無く、本人確認のみメール、または電話にて行われます。

2. 専業主婦カードローンは即日融資も可能!

専業主婦 即日

利用までに時間がかかるイメージのある銀行カードローンですが、即日融資に対応しているところも多くあります。
即日融資を希望の場合は、できるだけ平日の午前中に申込みをし、振込融資を選択すると早めの借入が可能です。

2-1. 口座の有無で融資スピードが変わる

融資のスピードは、利用するカードローンを運営する銀行の口座を持っているかどうかでも変わってきます。

口座がある場合
該当の銀行に口座がある場合は、口座作成の手間が省ける為、手続きが早く済みます。
申込み日時が平日の14時までであれば、たいていの場合、即日で借り入れが可能です。
尚、銀行の都合により翌日にずれ込む場合もあるかもしれないので、急いでいる時には、申し込み時に確認する様にしましょう。

口座が無い場合
銀行カードローンは、銀行口座が無くても利用が可能です。
中にはカードローン申し込みの際に、同時に口座を開設する必要がある業者もあります。

口座を持っていない場合は、手続きに手間がかかるため即日融資は難しいかもしれません。
平日、申し込み時間が早ければ、当日中に口座開設→振込融資が完了することもありますが、引出しにはカードが必要となります。
その為、基本的には、引き出して利用できるまでは数日かかると考えておきましょう。
※自動契約機が近くにある場合は、当日中でもカードの受け取りが可能な場合があります。
※引き落としの利用であれば、該当の銀行口座を指定することで、借りたお金を使うことが可能です。
融資の審査については当日中に完了するところが多いです。

このようにその銀行の口座を持っているかどうかでも融資スピードに違いが出てくるため、
口座の有無もカードローンを選ぶポイントの一つにしてもいいでしょう。

2-2. 土日祝でも申し込みできる?

大手銀行カードローンであれば、たいてい24時間365日の申し込みに対応しています。
契約ができるかどうかは借り入れ先の銀行ごとに異なりますが、土日祝でも契約が可能なところもあります。
休日は銀行もお休みなので、振込処理を受けることは難しいです。
しかし、自動契約機を利用しての契約、提携ATMなどでの借り入れは可能です。
その為、お近くに自動契約機がある場合であれば、土日祝でも借り入れができるということです。
それ以外の場合は、契約・借り入れは、銀行の翌営業日となります。

3. 失敗しない専業主婦カードローンの選び方

カードローン 選び方

大手銀行だけでもカードローンの種類は様々。どれを選ぶか悩んでしまいますよね。
そんな方のために、カードローンを選ぶポイントをご紹介します。

3-1. 返済期間で借り入れ先を選ぶ

カードローンで借り入れする前に、いくら借りたいか、いくらずつどのくらいの期間をかけて返済するか、計画を立てて借りるようにしましょう。
返済するまでの期間でカードローンを選ぶことで、返済総額が変わってくるので、自分でできる範囲で計算して、自分に合ったお得な借り入れ先を見つけてください。

少ない期間で返済する
少ない期間(〜6か月程度)での返済をお考えなら、無利息サービスがあるカードローンがおすすめです。
無利息サービスは、金額の上限が決められていたり、適用期間が業者により異なるので、利用前にサービスの確認をしておきましょう。

長い期間で返済する
長い期間(6か月〜)をかけての返済をお考えなら、低金利のカードローンを利用すると良いです。
長期的な利用になると、金利は0.1%でも返済額が変わってきます。
少しでもお得に、負担無く利用するために、金利の安い銀行を選ぶようにしましょう。
銀行だけでなく、プランによっても金利が変わってくるので、事前に確認が必要です。

3-2. 銀行カードローンの金利の決まり方

銀行カードローンの金利を見てみると、○%〜○%と書かれています。
その場合、どの金利が適用されるのか、わかりづらいですよね。
金利は、利用額を基準に決定されます。つまり、借入額が少なければ金利は高く、多ければ金利は低く設定されるのです。
専業主婦の場合、利用限度額は低く設定されますので、金利は最高金利が適用されることが基本的です。
その為、金利を確認する際は、最高金利を見ると良いでしょう。
銀行カードローン金利一覧
新生銀行カードローン レイク4.5%〜18.0%
みずほ銀行カードローン コンフォートプラン3.5%〜14.0%
じぶん銀行カードローン2.4%〜17.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック4.6%〜14.6%
東京スター銀行 スターカードローン4.5%〜14.6%
イオン銀行カードローン BIG3.8%〜13.8%
セブン銀行カードローン15%
楽天銀行スーパーローン4.9%〜14.5%
横浜銀行カードローン1.9%〜14.6%
静岡銀行カードローン4.0%〜14.5%
三井住友銀行カードローン4.0%〜14.5%
りそなクイックカードローン12.475%
ソニー銀行カードローン2.5%〜13.8%

3-3. 返済シミュレーション

新生銀行カードローン レイク、みずほ銀行カードローンで借りた時の借入額・返済額・返済回数を計算してみます。
※返済方法:残高スライドリボルビング方式

レイクで5万円借入 返済期間:5か月
30,000円(元金)÷5(返済回数)+0(金利)=6,000円(月々の返済額)
※初回180日無利息サービス(5万円までの借入)を利用

少額が急きょ必要になった、短期間で返せる目途が付いているなどの場合は、無利息サービスを利用する事でお得に借り入れできます。

みずほ銀行カードローンで10万円借入 月々の返済金額:1万円
返済回数:11回
返済総額:107,232円
利息:7,232円

計算式:
ご利用残高=前回返済後のご利用残高+利息額−返済額
利息額=前回返済後のご利用残高×金利÷12(ヶ月)

大きい額を長期間にわたって返済する場合は、低金利の銀行を選択することで、利息を少しでも少額に、また、計画的に返済することが可能になります。

※以上の数値は概算で出している為、実際の返済額とは異なる場合があります。
 詳しい返済額については、申し込み時にご確認ください。

4. 自動契約機・WEB申し込み・店頭、おすすめの申し込み方法

メリットデメリット
店頭 ・その場で担当者に質問が可能
カードをすぐに受け取れる
・店舗営業時間外の申込み・契約不可
・店舗が近くにないといけない
誰かに見られる可能性がある
担当者から顔が見える
自動契約機 カードをすぐに受け取れる
・営業時間が店舗より長い
土日祝申込・契約可能
・人と話す必要が無い
・自動契約機が近くにないといけない
人目に付きやすい場所にある
・自動契約機が無い銀行がある
誰かに見られる可能性がある
・営業時間外の申込み・契約不可
WEB申し込み ・24時間365日申込可能
来店不要
・スマホ・PCでいつどこでも申し込み可
カードローンの利用がバレない
・インターネット環境が無いと利用不可
カードをすぐに受け取れない
・土日祝の契約・融資不可
このように、利用までのスピードという点では、店舗や自動契約機の方が早いです。
しかし、内緒で借り入れしたい場合には、WEB契約が非常に便利です。
重視するポイントを考えて、申し込み方法を決めましょう。
申し込みTips
どの方法を利用するにしても、まずWEB申し込みを先に行うことで、契約までがスムーズに進みます。

5. 専業主婦でも消費者金融で借りられる「配偶者貸付」とは?

配偶者貸付では、貸金業法で定められた手続きを行うことで、配偶者と合わせた年収の3分の1以下の借り入れができます。
専業主婦であっても配偶者貸付を利用すれば、消費者金融会社からの借り入れも可能となります。

しかし、利用するには配偶者の同意書、収入証明書などの書類提出が必要な上、配偶者勤務先への在籍確認も行われます。
その為、夫に内緒で借りるという事は不可能です。
手間がかかる上に、旦那様との衝突も避けられないため、まずは銀行カードローンの利用をおすすめします。

6. カードローンをすると住宅ローン審査に影響はありますか?

キャッシングやカードローンを一度でも利用したことがあれば、最低5年は個人信用情報に残ります。
住宅ローンの審査が行われる際には、過去のキャッシング・カードローン利用状況、返済情報などを信用情報からチェックされます。

支払遅延や踏み倒しなどの返済事故があった場合は、住宅ローン審査の通過は見込めません。
現在も借入が続いている場合は、その時点で審査が否決されることはありませんが、審査が厳しくなることは間違いないです。
問題なく完済している場合でも、返済回数や返済金額などの状況、利用用途などを細かく確認されることになります。
完済したローンカードは、解約されている事で印象が良くなるので、利用したカードローンはそのままにしておかず、すぐに解約しましょう。

専業主婦の場合は、旦那様名義でローンを組むことになる場合が多いと思います。
その際はご自身の信用情報をチェックされる可能性は低いと考えられます。
(申込者以外の信用情報チェックはルール違反。ただし、連帯保証人となっている場合は別)

専業主婦でも借りれるカードローンの場合、電話連絡はあるの?

専業主婦専用ローンに申し込んだ場合、ご主人やご家族の職場への在籍確認はありません。
専業主婦専用カードローンでは、貸す側も専業主婦=収入が無いことを理解しています。
借り入れ枠を〜50万と少額に設定している為、収入証明なしでお申し込みが可能で、家族(夫)への在籍確認もありません。

しかし、申し込みを行うと本人への連絡はあるという事は覚えておいてください。

本人への連絡で聞かれる事

  • 本人確認
  • 申し込み内容の確認
  • 審査結果
この様に本人にかかってくる電話の内容は、本当に本人が申し込んだのか、また、申込内容確認の為の最低限の必要な電話です。本人以外が申し込んでいたら大変ですものね。
電話は携帯電話番号を登録しておけば、自身の携帯にかかってくるので大丈夫です。

また、借り入れ可能かの審査結果はメールで来ることがほとんどなので、周りにばれる心配は無いと考えていいでしょう。

専業主婦の方でも借入できるカードローンの特徴

  • 少額の借入枠(10〜50万)
  • 収入証明書不要
  • 家族への電話連絡なし
審査時間は早いところで最短即日!その日に借り入れ可能かがわかります。

銀行でのフリーローンとカードローンは何が違いますか?

カードローンとはフリーローンの一種ですが、厳密には違います。
銀行のローンでも住宅ローンや教育ローンなど、様々な商品と一緒にカードローンとフリーローンは別のローン扱いになっている事がほとんどです。
大きな違いは限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができるものがカードローンで、フリーローンは追加融資ができない点にあります。

例えば、借入限度額が同じ50万円だったとします。返済を続けていき借入残高が30万円になった場合、カードローンの場合は20万円を借りる事ができますが、フリーローンの場合はあらたに審査を受けて金銭消費貸借契約を締結しなければ借り入れをする事ができません。

これらの事からカードローンの方が便利なローンと言えるかもしれませんが、何度も引き出せる事から、なかなか完済できない人が多くいるのも事実です。
それに対しフリーローンは自由に借り入れを出来ない分、借入残高は確実に減っていくメリットがあります。

キャッシングとローンの違いは何ですか?

キャッシングとローンに、明確な定義はなく業界や業者によっても意味合いが多少変わります。

消費者金融や銀行などではキャッシングとカードローンは個人向けの無担保融資という意味で使われており、ローンは住宅ローンや自動車ローンなど、使途が明確な融資というように使い分けられている事が多いです。

またキャッシングは小口の短期融資、カードローンは大口融資の意味合いの場合もあります。

どちらにせよ、現金を借りるという点では一致しています。過去には消費者ローンや、サラリーローンと呼ばれた時代もあり、その呼び名が業界的にイメージが悪くなると新たな呼び名に変化して今日まできています。
業界や業者によって呼び名が同じでも返済方法が異なる場合もありますので、借入をする時は返済方法や利息についても確認する事が大切です。

主婦でも即日借りられるカードローンは?

総量規制という法改正の後は消費者金融などからは専業主婦の方は借り入れをする事ができなくなりました。
専業主婦でも即日審査で申し込みができるのは銀行カードローンだけです。

PCやスマートフォン、電話から24時間申し込みが可能であったり、返済も近くのコンビニや銀行ATM、PCやスマートフォンから出来るなど、忙しい主婦の方でも借り入れがしやすいものが多いです。

イオン銀行を例にあげると、300万円以下は収入証明書が不要で、イオン銀行ダイレクトで申し込むと最短で当日の借り入れも可能です。
イオン銀行の他にも主婦でも借りられるカードローンには、みずほ銀行や新生銀行カードローン レイク、ジャパンネット銀行などがあります。

カードローンの使い道は調査される?

カードローンは、住宅ローンや自動車ローンのように使途が明確な融資とは異なるため、借りる側が自由に使い道を決められるというメリットがあります。

そのため、申込時の審査やプランの相談時に使途を尋ねられる事はありますが、細かく調査されるという事はありません。
しかし唯一例外があり、カードローンは事業性資金としては使う事ができません。

詳細説明の部分には、ほとんどの場合「事業性資金を除く」または「事業性資金にはお使いいただけません」などと書かれています。
事業性資金とは事業を経営するために必要なお金の事です。事業性資金を借りたい場合は専用のローンを利用する必要があります。

専業主婦で収入がない場合何万円まで可能ですか?

専業主婦で無収入の場合でも銀行カードローンであれば、お金を借りる事が可能です。
その場合の借入額については業者によって様々ですが、多くても50万円が上限でしょう。
大抵の場合は30万円程で、初回の借り入れの場合は10万円程度とされる場合もあります。
夫に安定した収入があるとしても、専業主婦の方はあくまで無収入とみなされますので、それほど多くは借りれないのが現状です。
また、多く借りすぎて返済ができないと言った事態にならないように、計画的に借り入れすることを心がけましょう。

カードローンの返済方法について

返済方法は、業者によって異なりますが口座引落しやATMでの入金、振込などがあります。
その際の振込手数料やATM手数料などは、借入をする側の負担となる事もあるため、長期間での借入となる場合は手数料なども考える必要があります。

返済方式は元利均等払いや元金均等払い、分割払い、リボルビング払いがあります。
元利均等葉ライトは、利息と元金を合わせた返済金額を毎月一定額で返済していく方法です。
返済当初は利息の返済となるため元金が減りにくいです。

これに対し、毎月の返済額が返済が進むほど減少していく返済方式が元金均等払いです。
分割払いは長期の返済で一番ポピュラーかもしれませんが、当初の元金にかかる利息がそのまま元金に上乗せされたものを分割にするため、総支払額が大きくなります。
リボルビング払いはカードローンの返済方式の主流とも言える返済方式で、返済元本に応じての利息なので、借入残高の減少にともなって支払い利息が減少していきます。
借入をする際は返済方式や返済方法などもきちんと把握しておくと安心ですね。
専業主婦でも借りられるカードローンで一番おすすめはみずほMyWing
夫の職場への在籍確認なし・収入証明書不要!WEBで契約が完結する便利なみずほMyWingは女性の為の銀行カードローンで、専業主婦でも借りられます!